« MY地震セット<携帯用> | トップページ | ひなたぼっこ »

ストライクゾーンを考える

現オリックスの岡田監督が、荒れ球左腕に、ストライクゾーンで勝負して適当に散ればいいと考えろ、とアドバイスして、面白いピッチャーを発掘した、というようなニュースがありましたが…。

ミミの練習は外角低めのスレスレで勝負しているようで、荒れ球ソプラノとしてはちょくちょくボール判定を喰らってしまっています。で、問題は、荒れ球を矯正するのにはど真ん中に投げたほうがいいのか、隅っこのほうがいいのか。いつでも投げられるストライクを磨くべきか、戦略的に使えるスレスレを追求するべきか。……なんとも微妙なところです。

ということで今練習しているのが、ラ・ボエームのミミ、ムゼッタ。フィガロの伯爵夫人。清教徒のエルヴィーラ。あとトゥーランドットのリウ(アリア)。ウィリアム・テルのマティルデ(アリア)。スコアを今後やりたいのがルチーアと椿姫のヴィオレッタ。先生から課題でもらっているのがマノン・レスコー(アリア)。モーツァルトももっとちゃんとやんなきゃいけないし、ヴェルディを抜かすわけにも。でもほんとにレパートリーにしたい、ドニゼッティの女王様シリーズとかもどこかでやらないと。

と、なんでこんなに音取りに追われているのか書き出してみるとよくわかるもので。ストライクゾーンをまんべんなく充実させるには、とりあえずシラミつぶしかな、というところなのです。……最近の気圧の変化で歩くのにも差し支える日があることは、できるだけ考えないようにして。

|

« MY地震セット<携帯用> | トップページ | ひなたぼっこ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« MY地震セット<携帯用> | トップページ | ひなたぼっこ »