« 明日は椿姫 | トップページ | みゃ〜〜〜〜〜お »

ヴィオレッタその4

昨日ヴィオレッタその4の舞台が終わりました。来てくださった方ありがとうございます。出演者の方はお疲れさまでした&ありがとうございました。

2週間前に会社で流行っているしつこい喉風邪をひいたりして、かなりドーピングしたせいか今日はグダグダのボロボロです。。昨日もすでに朝から腹痛でキリキリ(緊張で…というような繊細なレディではありません)。本番中(気絶してるとことか)にキリキリ来たらやだなあと思っていたのですが、鎮痛剤が仕事をしたようで。歌は……聞いていないのでわかりませんが(笑)、まあまあだったんじゃないかなと…思いたいです。でもやっぱり前日のほうがよかったかなあ。こういうのいけないですね。

今回歌わせていただいたのは短い二重唱と、合唱付きの…あれ何重唱だっけ、まあいろんな人がいろんなこと言っててなんとなく盛り上がって終わるような、典型的な幕終わりの曲でした。
二重唱はどちらかというと演技中心で、音も難しくないですし、アンサンブルを意識するところはあまりありません(でも歌詞間違えた…)。罵られて、やっと気持ちが通じたかと思ったらこんどは自分が嘘をつかなくてはいけなくて、恋人をブチ切れさせるという。二進も三進も行かないシーン。札束投げられて気絶するところでちゃんと椅子に倒れ込めるかで一番ドキドキしました(笑)。リハーサルで下手に座ってしまって、固まっているのが大変だったので。。
フィナーレのほうは気絶から復活したヴィオレッタのソットヴォーチェから始まってかなり大きな盛り上がりがある曲で、出すところ引くところをブレスと相談しながら、合唱や他のソロを聴きながら調整していくような面白さがあります。人数が少ないながら厚みがある合唱で、とても気持ちよく歌わせていただきました。一カ所指揮を見損ねてちょっとごまかしたりしてしまいましたが……せっかく指揮者がいらっしゃるのに勿体ないことでした。反省。

ヴィオレッタは、だいたいどんなソプラノでも一度は勉強する役なのですが、私はアリアしかやったことがなくて、今回ヴィオレッタ1&5さんや指揮者さん、ピアニストさんとご一緒に練習させていただいて、聞くことでいろいろと覚えたり考えたりできて、とても勉強になりました。オペラってやっぱりいいですね★

|

« 明日は椿姫 | トップページ | みゃ〜〜〜〜〜お »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 明日は椿姫 | トップページ | みゃ〜〜〜〜〜お »