« 薔薇は咲きますか? | トップページ | 今日は祝日 »

優美なトリル

そういうものだと歌っていても、よくわからないものの1つがトリル。夢遊病のアミーナの1つめのアリアのカバティーナに、長いトリルがあります。私は長いトリルが大好きです。フィギュアスケートのスピンのように速くしていくのはとても楽しい。このトリルを気持ちよーく歌って、おお、今回は優美にできたぞ、という時が最近あったのですが、ほんとに技術的にあれでいいのか、はたと考えるとわからなくなりました。優美にできたと思うときとそうでないときの違いは、トリルの加速と回数、最後のテンポの納め方に関係があると思うのですが、多分に主観的です。こんどカラスでもしっかり聞いてみないと。いいトリルというのは、音量や音色がそろっていて、音が上下しきっている、というのでいいのでしょうか。何かちょっと引っかかります。あんまりガチガチ上下するのも器楽的だと思うのです。これは時代の趣味なのか、オペラにたくさんある無言のお約束の、その1つかしらん。

ボエームを練習することになってミミの2つ目のアリアをやり始めています。プッチーニを避けてきたツケが回って、音が跳躍するところの高音の処理と、その後の中声のバランスがまだ不安定。私はレジェッロじゃいと言ってみたくなるのですが、カラス様は私の今の課題のアミーナも、ミミも全曲歌ってらっしゃいます。でも、だからって何?と言いたくなるのもカラスですが…。
とりあえずはレジェッロの曲、リリコの曲、ドランマティコの曲という分け方をしばらく忘れて、曲が要求している技術的課題をやっていこうと思います。

|

« 薔薇は咲きますか? | トップページ | 今日は祝日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 薔薇は咲きますか? | トップページ | 今日は祝日 »