« みゃ〜〜〜〜〜お | トップページ | 黒猫抜糸 »

集中力の問題

歌というのは魔法のようなもので、魔法を使うのにはMPが必要です。で、MPとは何ぞやというと、やっぱり集中力だと思うのです。MPが足りなくても「その魔法は使えません」ということにはなりませんが、基準の破壊力から何10%か落ちになってしまいます。
MPが足りている状態で歌っていると、たとえばレジェッロの1秒間に8音ほど歌うようなところでも、時間が止まったような感じで冷静にモニタしている自分というのが幽体離脱のように後ろにいて、それ以外の自分は役の感情に入り込んでいる状態になります。ちなみに狂乱ものはこれがやりやすいので、私は大好きです。

今思えば、歌をおやすみするきっかけになったのは、体力や関節の状態の悪化がもちろん第一の原因ですが、発表会でセミラーミデのアリアを歌った時に自分の集中力を感じなかった。何も考えないで歌いきってしまった。それも一つの原因だったのかもしれません。技術的にも破綻しなかったし、出来は悪くなかったと言っていただいたのですが、どうしても自分としてはダメでした。
半年ほど前にノルマのアリアを歌わせていただいた時も、やっぱり必要なだけ集中して歌えたとは思えない状態でした。自分が考えていないことを自分がしている、ということです。ただでさえ私の体は思ったように動かないのに、気持ちが散らかっていては魔法使いにはなれません。

さて、この前の椿姫は…というと、今思うとやっぱりまだもうちょっと散らかっていたかなあというのが感想です。アンサンブルを聞いたり指揮者を見たりという、ソロにはない要因もありましたが、本番で自分が何を考えてそう歌ったのか覚えていない箇所が幾つかあります。覚えていないということは、たぶん考えていなかったのだと思います。
次の課題の一つが、夢遊病のフィナーレのアリアなのですが、これは寝ながら歌うものとはいえ、特にぼーっと歌ってはいけないものだと思っています。カラスの演奏を聴くと、素晴らしい集中力を感じます。私も、歌のレベルはさておき、今の自分のMPをフルに使えるような歌を目指したいと思っています。

|

« みゃ〜〜〜〜〜お | トップページ | 黒猫抜糸 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« みゃ〜〜〜〜〜お | トップページ | 黒猫抜糸 »