« せれん様のヘルニア | トップページ | おぼろ月夜 »

ピアニッシモの歌い方

声楽のレッスンを再開しました。前の先生のレッスン場所が遠くて通うのが難しかったのですが、今は少し近いので楽です。先生が変わると、おっしゃること(表現の仕方)や視点が違って、面白い発見もあります。レッスンをサボっている間に筋肉が落ちてできていたことができなくなっていたり、変な癖がついていたりもして、ただいま腹筋と勘を復旧中です。
技術的な課題は嫌というほどあって、母音の純化も、子音の当て方も、体の使い方もまだまだ。発声練習をしていると目眩がしそうになるほどです。
でも最近できるようになったこともあります。高音での「すかした」ピアニッシモの歌い方。ソプラノの声は普通高音になるほど大きくなるのですが、あえて高い音を糸のように細く出して、下降しながら戻すという方法です。これができないと可憐なお姫様が、凶悪な魔女になってしまいます。これはいつからできるようになったのかハッキリしません。なぜできるようになったのかもわかりません。声楽なんてそんなものです。
これの細くしっぱなしなのが(たぶん)ソット・ボーチェです。うまくいくとこんなに楽なポジションはないのですが(息も力もあまりいらない)、失敗するとひいひいした卒倒ボーチェ(声)になってしまいます。だからといって、そ〜っとボーチェでもいけないのです。ぼやぼやになって声が墜落してしまいます。私もまだ卒倒したり墜落したりしていますので、ソット・ヴォーチェと書いてあるのを見ると、過剰に警戒してしまいます。それがいちばんいけないのですが。
「すかした」ピアニッシモ(これ何か名前があるのでしょうか?)の奥にあるのが、どうやら、超高音の笛のような声、というか音です。超高音というのはピアノの真ん中のドの2オクターブ上のドからですが、このド(私の場合ミ♭も)はまだ普通の声で出せます。出せるのですがこのドやミを果てしなく長く延ばしたり、この上のファより上に上がるには必需品です。マライア・キャリーのオブリガートの高音はこの声です。これは変な声で、声帯がギターだとすると、弦の半分のところで固定してオクターブ上にするようなものだと、声帯の解剖学的解説の本で読んだ覚えがあります。が、この声も私はまだ安定して出せないです。
ピアニッシモの話ばかりなのは、最近私が歌う時に音量を出しすぎているということがわかってきたからです。フォルテというのはとても健全な快感ですが、ピアニッシモの不健全さを楽しむようになると、なかなか癖になるものです(笑)。
今やっている曲は椿姫の2幕の最後と、ベッリーニのアリア。カプレーティ、夢遊病の2曲、清教徒です。ベッリーニのアリアは、音型は簡単で一見歌いやすそうなのですが、あのメロドラマを表現するには繊細なピアニッシモとフレーズ感が必要で、綱渡りのような緊張感があります。

|

« せれん様のヘルニア | トップページ | おぼろ月夜 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« せれん様のヘルニア | トップページ | おぼろ月夜 »