« シーズン最終戦とか | トップページ | ソニアの耳、せれんのおいど、そしてシドニーと黄色い猫 »

三東さんのこと

阪神タイガースで、ルーズショルダーの投手がいたら絶対に応援しようと思った。そしてそれは三東さんでした。でした、と書かなければならないのは淋しいけれど、自分の身体は、裏切られたからといって見捨てるわけにはいかない。もしもう野球ができないのなら、他の何かを見つけてほしいと祈るばかり。
先日、ロッテの渡辺俊介のテレビ出演時の録画を見ました。柔軟性を見るコーナーがあったのですが、前屈も、肩の可動域も、私と同じでした。股関節は渡辺投手のほうがずっと開くけれど。なんだかなあ。肘の反り方とか、EDS関節型の素質を感じる映像でした。少しでも長く、無事でいてほしいと思います。
今まで関節のことでお医者にかかってきて、思うのは、特に肩についてちゃんとわかっている人がとても少ないということ(説明も難しいのだろうけれど)。ルーズショルダーだとか、反復性脱臼だとか、腱鞘炎だとか、なんというかなんだか本質的ではないような気がします。私はまあ、1時間に1回ぐらいの割合で、普通にいう脱臼の状態になっているのですが、肩だけは複雑すぎて、何がどうなってこんなに大きくずれるのか、解剖図を見ても模型を見てもまったくわかりません。プロ野球選手に会いたいとは思わないけれど、特にピッチャーを見ているトレーナーさんとかには、いろいろ聞いてみたい気がします。

|

« シーズン最終戦とか | トップページ | ソニアの耳、せれんのおいど、そしてシドニーと黄色い猫 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« シーズン最終戦とか | トップページ | ソニアの耳、せれんのおいど、そしてシドニーと黄色い猫 »