« 再録:恥ずかしいという感覚 | トップページ | 再録:多忙の際の格言 »

再録:日本語の歌い方

西洋音楽に日本語は馴染まない。残念ながら、くっきりはっきりそれは明らかなことではある。この矛盾を、クラシックは発語をほとんど無視して旋律を歌おうとし、ポップスは旋律をほとんど無視して歌詞を立たせることで解決しようとしている。
なぜ馴染まないか。日本語の子音は母音とぴったりくっつきすぎているし、母音はあまりに狭すぎて、音を響かせる発声には向かないのである。
今、ほとんどの日本語の曲は、西洋音楽の原則にのっとって書かれている。では、どうすれば言葉を立てながら旋律を大事に歌えるか。簡単に言うと発語と発声を分ければいい。
たとえば4拍子の曲で、アクセントのある「た」という言葉がある音符にくっついている時は、「t-a~'a」と歌う。ここで「-」は子音と母音を分けなさいということで、「~」は一瞬息を緩めるあるいは止めるということで、「'」は音符の位置をあらわしている。
つまり、tは無声の破裂音をきっちり入れて、その後にaを一瞬くっつけて「た」ですよ、と発語してから、音の根本である「a」を発声する。発語すると発声するの違いは、どれだけ口を開けるか(唇ではない)、軟口蓋を開いて音を響かせようとするかというところにある。最初の「t-a」はふつうに喋る「た」をスローモーションしたもので、後の「a」は別世界にある。
譜面に書かれている音価(音符の長さ)はこの、後の方の「a」の長さであって、その前の「t-a~」は音符の前にくっつける。この長さはリズムとアクセントの強さと子音の種類で変わってくる。もっとも長くつっこむのはアクセントのある「s」の音で、これは前に音があってもほとんど一拍の四分の一ぐらいを占領するし、前が休符なら一拍の四分の三ほども延ばすことになる。たぶんもっとも短いのは「r」の音である。だから一部の歌手はこれをアルファベットの「r」や「l」のように発音して、子音の分量を増やそうとする。
では「あ」という母音しかない言葉にアクセントがあるときはどうするか。これは「^a~'a」のように歌う。「^」は一瞬声帯を閉じるということである。「^」の部分に「h」や「n」を入れる歌い方もあるけれど、聞く方には少し余計に感じる。ちなみに「h」は息を口に送り、「n」は唇を開いたまま息を鼻に送るが、「^」は口の中の配置を変えずに、声帯だけ閉じる。
さらに日本の声楽の特徴として、「~」の前の発語の「a」を少しだけ低くして、前打音のようにずり上げる「a↑'a」のような歌い方もある。実はこっちの歌い方のほうが発語としては簡単でもあるし、ナチュラルでもある。発語の「a」と発声の「a」の間の、口の中の位置変更を、音の変更と合わせてやることで目立たなくできるし、時間もかけられる。日本の伝統音楽では、このような歌い方をして、むしろ発語と発声の響きの違いを効果としている。これがいわゆるこぶしをまわすということであって、演歌が日本語を訴える力が強いのはこの効果を使っているからでもある(この、前にくっつく音はしばしば、半音階に入らない、二分の一半音や四分の一半音といった微分音と言われる音だったりする。現在の西洋の音階では、基本的にこういった微分音は経過音としても使わないが、アラビア以東の音楽では微分音が大事な役割をしている)。
さて、この日本語の歌い方が、たとえばイタリアオペラと違うのは、イタリアでは「t-'a」とは歌うけれど「t-a-'a」とは決してしないということにある。そしてこのとき、「t」はできるだけ「a」から独立させて、母音のための口の中の配置を崩さないようにする。
クラシックの歌い手が日本語を歌うとボケるのは、発語のための母音を入れないからだ。発語のための母音を入れようとすると、口の中をいったん閉じることになって、歌として正しい位置に戻すのに時間がかかる。西洋音楽では響きの連続性が重要であるので、a-e-i-o-uの響きも同じにするし、ましてa-aの響きを変えるようなことは滅多にしない。
つまり、日本語を西洋音楽に乗せるのが難しいのは、発語のための母音と歌のための母音を際立たせながら旋律を壊さないために、それぞれの口の中の配置をとてもすばやく、とても正確に変更し、行き来しなくてはいけないからで、そんなアクロバティックなことは誰にでもできるものではない。だからたいていのポップス歌手は発語のために発声を犠牲にして「歌が下手な」ままであり、ある種のロック歌手は日本語の発語をあきらめて疑似西洋語のように発語する。そしてクラシックの歌手は発声のために発語を犠牲にして「歌詞がわからない」ことになってしまうわけである。絶望的? そうかもしれない。日本語にはやっぱり日本の音楽が馴染むし、日本の夏には下駄がぴったりくる。簡単に言えばそういうことである。(2004/7/27 Mixi初出)

|

« 再録:恥ずかしいという感覚 | トップページ | 再録:多忙の際の格言 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41812/1957144

この記事へのトラックバック一覧です: 再録:日本語の歌い方:

« 再録:恥ずかしいという感覚 | トップページ | 再録:多忙の際の格言 »