このブログについて

このブログはオペラがメインで、病気の話も少しあります。わが家の猫関係の話はTwitter ( @serenthecat ) および Facebook ( kyoko.nishio.31 )に移行しております。Facebookの友達申請の承認は面識のある方に限っております。

| | コメント (0)

ベルリオーズ夏の夜まとめ

ベルリオーズの「夏の夜」6曲の歌曲集を2回に分けて勉強会で演奏、来週が2回目です。

1.ヴィラネル (Villanelle)
2.薔薇の精 (Le Spectre de la Rose)
3.入り江のほとり(哀歌) (Sur les lagunes (Lamento))
4.君なくて (Absence)
5.墓地で(月の光) (Au cimetière (Clair de lune))
6.未知の島 (L'île inconnue)

愛と死がテーマになっていますが、1は青春の恋、2は少女の夢の恋、3は死別の悲しみの歌です。

4は、どこの解説を見ても失恋の歌だと書かれているのですが、歌ってみて、和音の明るさに違和感を感じ、もしかして「恋人と(物理的に)離れている」歌で、愛は続いているのではないかな、と思うようになりました。1の可愛い恋人たちが別の街に住むことになった、というイメージ。10代の少年の透明さをもって歌いたい、綺麗な曲。

5は、亡くなった恋人への愛が蘇って、懐かしく嬉しくもつらい、という気持ち。三人称っぽく書かれているところも、もう墓地になんか来ないと言っているところも聴き手を意識したカッコつけで、ほんとうは鳴き続けている鳩が主人公の気持ち。それに応えて月の光とともにあらわれる亡霊との幻想的な逢瀬。漂うように神秘的で、最初はつかみどころがなかったけれど、すごく好きになった曲。

6は、乙女に、あなたはどんな恋がしたいの? でも永遠の愛があるところなど誰も知らないよ、というちょっと辛辣な言葉が、美しい船での航海の比喩で書かれています。ここまでの5曲のさまざまな恋模様を経て、悲しい結末の方が多かったはずですが、恋への希望に満ちた曲。大きな船と大きな海をイメージさせるスケールの大きな表現が必要で、けっこうたいへん。

この曲集を歌うのに必要なのは、とにかく、フレーズの大きなレガートラインの純粋さを保ち続けること。そして混乱し、ピアノとも食いちがっていく独特の拍子感をうまく全体の構成につなげていくこと。どの曲もものすごーく大変だけれど、発声とか表現を見つめ直すきっかけになりました。

次はドビュッシーのビリティスの歌とプラスαで、その次はデュパルクかな?

| | コメント (0)

北極星といろいろ発見

今回歌うマイアベーア 北極星のアリアは3曲。うち一番難しいのは最後の狂乱です。

このシーンは恋人(ペーテール)が戦場で遊女とイチャイチャしているのを見て、裏切られたと思ったカトリーヌが正気を失い、ロシア皇帝の城に保護され、村の友人たちに囲まれています。そこに懐かしいペーテールの笛の音が!

ということで実際にフルートのソロが入り、それに合わせてカトリーヌは歌い始め、そのうち兄のジョルジュの笛も重なって、フルート二本が入る長大な狂乱のカデンツになります。今回演奏するのは笛が聞こえてからで、歌う長さの2/3はカデンツ、ピアノが入って華麗なアジリタのフィナーレになります。

面白いのはこの曲がディノーラ(1859)の前(1854)に書かれていること。カトリーヌはディノーラと違って強気乙女で、狂乱する必然性はあまりないのですが、長大な狂乱とカデンツが入ったのはきっとそれが流行っていたんだな、と思います。

そして何よりひどいのは、このオペラはシリアスものじゃなくて、一段下のオペラ・ブッファとして書かれていること。そしてディノーラのような軽いコロラトゥーラ向きじゃなくて、ドラマティック・コロラトゥーラで低音も容赦ないこと。マイアベーア はお金と歌手に恵まれて、当時の超一流どころが初演した作曲家です。この役の初演はCaroline Duprezで、オペラ・ブッファ専門の人。Wikiを見る限りはあまり評価された人じゃないしキャリアも短い。高音が特徴とありますが、あくまでブッファに必要な低音を備えた上で高音という武器を持った人、なのかな。当時の歌手のレベルの高さにびっくりです。

| | コメント (0)

清教徒2019当日動画

Youtube セレンディピティ・オペラ「清教徒」プレイリスト


1幕はちょっとイマイチだったけど、2・3はがんばった。マチネはたいへん。

| | コメント (0)

夏の夜後半戦

ベルリオーズの「夏の夜」だけれど、夏には歌わない。

» 続きを読む

| | コメント (0)

清教徒2019終演

ご来場のお客様、スタッフの皆様、共演者のみんな、ほんとうにありがとうございました。

» 続きを読む

| | コメント (0)

カップルのいろいろ

今回の清教徒では3幕に4つ、愛の2重唱を歌います。

» 続きを読む

| | コメント (0)

ノーカットの醍醐味とおそろしさ

清教徒のお稽古が進んでいます。

» 続きを読む

| | コメント (0)

久々の高音祭り

DとかFisとか

» 続きを読む

| | コメント (0)

エルヴィーラふたたび

清教徒です。ドンジョヴァではないです。
Puritanileaf1_03


» 続きを読む

| | コメント (0)

ベルリオーズの悪戦苦闘と今年のいろいろ

しんどかった〜。

» 続きを読む

| | コメント (0)

«筋トレ夏の夜